CLT用クロス(X)マーク金物をはじめとした中大規模木造建築金物メーカーが見つかるnavi » 中大規模木造建築に関するキーワード集 » プレカット構法(中大規模木造建築)

プレカット構法(中大規模木造建築)

こちらでは、プレカット構法の特徴についてわかりやすく解説しています。メリットの多い構法ではありますが、あらかじめふまえておくべき問題点もあります。

プレカット構法とは

木造建築の構造木材を工場内で前もって加工しておき、それを現場で組み立てる方法のことを、プレカット構法といいます。かつては、木造建築を行う際には大工が墨付け・刻みして加工を施すケースがほとんどでしたが、コンピューター制御による加工システムが開発されてからは、このプレカット構法が広がりました。

プレカット図面について

建築物の柱・土台・梁などの構造木材をどのように組み立てたらよいのか、その方法について上から見下ろしたレイアウトで記した書類のことを、プレカット図面といいます。建物の設計図にそって、プレカット業者によって作成される図面です。施工店が平面図や立面図、設備そして電気など、複数の要素を承認してから、木材を加工する作業がスタートします。

プレカット構法のメリット

工期を短縮できる

工場で加工された木材を使用するので、発注から竣工までの期間を短縮しやすくなります。現場では、加工済みの木材を組み立てるだけです。かつては、大工が墨付け・手刻みを担当し、その作業に一定の時間を費やしていたのですが、プレカット加工のみであれば、数日間で完了します。工期の短縮は、施工店と施主、いずれにとっても大きなメリットとなります。

コスト削減につながる

従来のような手作業の場合にかかっていた大工の手間賃を削減できるのも、プレカット構法の注目すべきメリットです。もちろん、プレカット工場への設備投資やオペレーターの手間賃などが発生することにはなりますが、大工による手刻みと比較すると、大幅なコスト削減が可能です。

建築現場の発生材をなくせる

プレカット材を使用すれば、建築現場の発生材をなくすことができます。建築現場の発生材は産業廃棄物の扱いになるので、適当に処理することはできません。資格をもつ業者に依頼して、専用処理施設で処分されるようにしなくてはならないのです。ですので、発生材がなければ、現場における作業効率がアップするのはもちろんのこと、処理にかかるコストも不要になるのです。

加工精度が高い

機械制御のプレカットは、大工のスキルなどに影響される手作業とは異なり、高い加工精度を保つことができるので、品質にムラが生じにくいというメリットもあります。CADデータが正確であれば、加工ミスも防ぎやすくなります。

大工の育成期間を短縮できる

大工の育成期間の短縮が可能になるところも、プレカット構法のメリットです。覚えるべき作業内容が減るので、より短い期間で独り立ちしやすくなるのです。そのため、人材の確保もよりスムーズになります。

大規模木造建築に関するプレカット構法の問題

対応が難しい場合も

木造建築の分野においては、施工も住宅設計のなかで発達してきたという経緯があります。そのため、非住宅の場合には、しっかりと対応しきれないこともあるのです。結果として、非住宅の建築を行う際、ミスが生じたり誰かが自己判断で勝手に間違った方法で進めてしまったりするなどの事態が頻発しています。

建築方法や施工管理のノウハウが充実していないというのが、大きな原因となっているのです。具体的には、次のような問題が起こっています。

プレカット工場に構造の問題を指摘された場合の対応

CADで計算する

CADの種類にもよりますが、プランを入力するだけで、簡易的な壁量計算ができるものもあります。構造的な問題があれば自動的にNGが出るので、ミスを修正することができます。確認をとった上で、今後の進め方を考えることになります。

構造設計事務所に相談する

壁量計算でカバー可能な範囲内である場合には、住宅建築の経験を活かして作業を進めることができます。けれども、壁量計算でカバーしきれない場合には、専門家に頼るのが賢明です。ただ、構造設計事務所に相談すると、それなりのコストがかかってしまうという問題点があります。

対応について

不慣れとする中大規模木造建築に取り組む場合には、まずはハードルを下げるために、できるだけ面積の小さいものを扱うのが理想的です。なかでも、意匠にそれほどのこだわりがない場合が多い「倉庫」がおすすめです。中大規模木造も、一度経験してしまえば、そのコツをかなり習得できます。

ですので、そのあとは、初期段階における構造のチェックをきちんと入れることを忘れず、かつ、コストや技術面を上手に調整していけば、大きな問題の発生を防ぐことができます。

CLT用クロス マーク金物をはじめとした
中大規模木造建築金物メーカーを紹介

クロスマーク(Xマーク)
表示金物メーカー
ピックアップ3社

上記の7つの会社のうちクロスマーク金物の8割以上の品目を取り扱い、自社工場で対応している会社である、3社をピックアップしました。各社の公式WEBサイトにあるクロスマーク金物に関する取り組み情報を参考に選定しています。
建築金物メーカー各社は、規格品以外も製造しておりそれぞれ特色があります。そこでCLTパネル接合用のクロスマーク表示金物関連情報とそれ以外に何を得意としている会社なのかについて調査し、まとめました。

タカヤマ金属工業株式会社

タカヤマ金属工業株式会社
引用元:タカヤマ金属工業株式会社 https://www.takayama-kk.co.jp/
ワンストップの生産体制と
BIMを活用した制作金物に強み

現場視点の企画開発力で特注・OEM品にも強い

工場

  • 本社工場 大阪府大阪市
  • 美原工場 大阪府堺市
  • 富田林工場 大阪府富田林市
  • 新潟県、福岡県に製作金物加工工場あり

会社情報

  • 従業員数
    300人
  • 本社
    大阪府大阪市
  • その他営業所
    埼玉県川口市

株式会社タツミ

株式会社タツミ公式サイト
引用元:株式会社タツミ https://www.tatsumi-web.com/
接合金具工法用の
木材プレカット工場に強み

自社プレカット工場を持ち特注金物に積極的

工場

  • 見附工場 新潟県見附市
  • 北関東工場 栃木県日光市

会社情報

  • 従業員数
    280人
  • 本社
    新潟県見附市
  • その他営業所
    東京都中央区
    栃木県日光市
    大阪府大阪市

山菱工業株式会社

山菱工業株式会社
引用元:山菱工業株式会社 https://www.yamabishikogyo.co.jp/
ツーバイフォー金物の実績で
培った技術力に強み

規格品だけでなく各種オリジナル金物も開発

工場

  • 茨木工場 大阪府茨木市
  • 建材工場 大阪府大阪市
  • 安富工場 兵庫県姫路市

会社情報

  • 従業員数
    110人
  • 本社
    大阪府大阪市
  • その他営業所
    千葉県千葉市

※参照元:公益財団法人日本住宅・木材技術センター公式サイト(木造建築物用接合金物承認‧認定金物一覧χマーク表示金物一覧表 令和4年1月1日現在) https://www.howtec.or.jp/publics/index/108/

建築金物施工イメージ
[PR]製作金物メーカーの工期短縮、
コスト削減、品質向上の特注金物事例
建築金物施工イメージ

現場のコスト削減、品質向上、工期短縮につながった木造住宅建築金物の事例を紹介。ここでは現場の生産性を考えた製品開発を得意とするタカヤマ金属工業の事例について紹介します。

中大規模木造建築の
接合金物メーカーを調査
ピックアップ3社

大型木造建築で注目される木材、CLT(直交集成板)に使用されるクロス(X)マーク金物。
それらを製作する接合金物メーカーについて調査。さらにその中から3社をピックアップし紹介しています。